お金や財産は、ある「確実な方法」に従うと、確実に手に入れることができます。意図的にせよ、この「確実な方法」を実行した人が豊かになるのです。逆に、この方法に従わない人は、どんなに頑張っても、いくら才能があっても、貧しさから抜け出すことはできません。これが、「同じ原因は同じ結果を生み出す」というのは自然の摂理です。この「確実な方法」に従って行動すれば、必ず金持ちになれます。金持ちは環境で決まるわけではないもし、金持ちになれるかどうかが環境で決まるとしたら、ある町では住民全員が裕福で、隣の町では、全員が貧しいと言うことになります。確かに貧しい国というのはありますが、その中でも一握りの人は裕福というの...
この社会では形があるものを得るにはお金が必要です。その意味でも、確実にお金持ちになる引き寄せの法則は人間としてあらゆる成長をするために基盤になると言ってよいでしょう。生命の目的は向上していくことでもあります。生きる権利とは、「知性、精神、肉体」において、最高の能力を発揮するのに必要なものを、無制限に自由につかる権利のことです。生物なら、誰でも生きる権利はあるのです。生きる権利があるということは、「金持ちになる権利がある」ということです。本当の豊かさとは、金銭的に豊かで、心も満たされているということです。もっと恵まれた生活を楽しめるはずの人が、それ以下の境遇に満足している必要はないのです。命は、...
昭和63年、広島。呉原東署のマル暴刑事大上の下に、新米刑事の日岡が配属された。呉原では尾谷組と加古村組の対立が激化し、大上は暴力団同士の抗争を影で抑えこんでいた。大上は上早稲失踪事件をもとに、一般人に手を出した加古村組を壊滅させようと目論んでいた。大上と日岡は捜査を進めるものの、捜査とは名ばかりで、恐喝・暴行・拷問などを平気で行う大上の手法に猛烈に反発する。ある日、大上は失踪、後日水死体で発見される。大上の死後、日岡は志乃のママから「大上のノート」と「万が一のときは、頼む」との遺言を託される。ノートには警察内部の不祥事が詳細に記されていた。カタギを守るために、大上は警察上層部すらも抑え込み、ヤ...
2021/09/19 15:30:19 | 映画の備忘録 番外編
聴力は人間の4倍、嗅覚は60倍あると言われ、介助犬や牧羊犬として人間社会でも様々な役割を担ってきたイヌ。世界には400を超える種類がいると言われている。最近の研究では、がん細胞を匂いで嗅ぎ分ける能力があるとされ、人を癒す力もあると科学的に証明されつつある。厳しい訓練を経て盲導犬として成長している様子や、イヌに助けられた人々の感動のストーリーを紹介し、イヌの不思議な力を紐解いていく。
平凡な見た目の青年。トラックに轢かれたが、その場で復活する。しかし、多くの人に目撃されたことで大々的に報道され、日常を失う。厚労省に捉えられ、そこで行われていたのは、亜人へのむごい虐待実験だった。圭はそこで、幾たび殺されても死ねないことによる地獄を見る。10日後、佐藤たちが亜人研究所に乗り込み、圭を救う。しかしその過程で、佐藤の残忍な本性が露わになり、圭は佐藤との戦いの末に別れて研究所から逃れた。
この本、珍しくて、「翻訳は70%位しか、意味を伝えられない」と、裏側から英語で書いてあります。原作を読んでほしいという意味ですね。イットワークスは、かなり以前に購入した本です。たしか、ザ・シークレットを読む前だったか。本の裏書を見ると、初版1刷で2005年4月5日です。アマゾンで検索してみたら、なんと「2005/3/15」に購入したことになっています。出版前に購入したことになります。当時は、この通りにやってみたと思います。リストアップなど、このために何冊、ノートを買ったかわかりません。ただ、改めて読んでいて、正しくはやっていなかったかも?と思っています。人間、忘れていくんですよね。それと、次々...
1日3回、朝・昼・晩に「欲しいものリスト」を読む。欲しいものを、1日の中で、出来る限り多く思い浮かべる。欲しいものを誰にも話てはいけない。(ただし自分自身の「無限の力」だけは、いつも話しかけること。)このことにより、潜在意識に夢の実現方法をきちんと教えておく必要があるのです。もちろん、はじめは、この方法を信用できないかも知れません。「欲しいものリスト」の中には、現実的に考えて、全く不可能だと思うものもあるでしょう。でも、それで良いのです。自分にとって重要な順番で、そのまま、リストに書いておくことが大事なのです。「どうやって、無限の力は、欲しいものを実現するのだろう?」そんなことを分析する必要は...
まずは、欲しいものや、こうなりたいという状況を、重要な順に紙に書きだします。多すぎたり、これでは欲深すぎると、気にする必要はありません。もう、これ以上ない!というところまで、出来る限りどんどん書きだします。その「欲しいものリスト」を毎日、書き換えます。新しく付け足したり、気が変わって、これは要らないと思ったら、リストから削除します。自分の気持ちにピッタリするまで、この書き換え作業を繰り返します。「初めの目標と全然違うものになってしまった」とか、がっかりする必要はありません。それは、ごく自然なことで、目標を達成していく過程のこと。自分の気持ちが変化していく中では、新たな目標が加わったり、新たな欲...
世の中には、「欲しいものが次々、手に入る人たち」と「欲しいものが全く手に入らない人たちの」2タイプが存在します。この両極端のタイプの人の違いは何なのでしょう?それは「特別な星の下に生まれついている」からなのか・・・。欲しいものを自由に手に入れられる「魔法の力」を、わずか歩と握りの人が持っているからなのか・・・。魔法の力? そんなはずはない。じゃあ、なぜ両極端の人が存在するのか?もしかしたら、理論的に説明できるに違いない。その理由、理論的な原因、突き詰めてみよう。自分で納得する答えそれから数年、ようやく自分でも納得のいく「答え」を見つけることが出来たのです。そして、その答えを何年も紹介し続け、そ...
現代の東京。その伝説的な強さのため、裏社会の人間から「寓話」という意味を持つ「ファブルと呼ばれる1人の殺し屋がいた。その男は幼いころから「ボス」の指導を受け、数々の標的を仕留めてきた。しかし、彼の正体が暴かれるのを恐れたボスは「1年間大阪に移住し、その間は誰も殺さず一般人として平和に暮らせ」と指示する。彼は「佐藤明」という新しい名前を与えられ、ボスと古くから付き合いのある暴力団「真黒組」に頼み、一般人として大阪での生活を始めるのだった。